疲労試験で精密検査|確かなモノづくりのために

Technology

注目の記事

信頼できる精度

近年の疲労試験では、新製品などを作成するにあたり必要十分な耐久性を持っているかを測るため必須の工程となっている。コンピューターによってさらに精度も高く測ることができるため、信頼できるのである。

Enter

使えるかがわかる

宇宙船や船舶などの人を乗せる乗り物に欠かせないのが疲労試験です。使用する金属の耐久性を測ることができるため、利用することで安全に使用することができるのか、詳しく知ることが出来ます。

Enter

品質の下支え

製造技術において信頼されている日本の技術は、疲労試験などの数多くのテストによって下支えられています。品質の高い製品を作成する上で欠かせない試験であるため、新製品の作成時などには特に必須となるでしょう。

Enter

事故を防ぐ試験

どの様な用途にも対応いたします。巨大なプラントにも設置可能です。マイクロバブルで汚水処理のレベルが格段にアップします。

オイルスキマーを購入するならコチラ!バクテリアの増殖を抑えるような製品なので、安心して入手することが出来ます。

疲労試験とはどういうものか

航空機の事故など破壊事故の多くが疲労によるものとされています。ですから疲労試験がどれだけ重要かは言うまでもありません。疲労試験とは耐久性を調べるために、構造物の部分に様々な力を加えて何千回、何万回も繰り返し試し、その強度を測る試験の事です。この試験は公共の試験場や受託会社などで承っています。しかし公共の試験場では設備の空きが無い場合があります。ですから受託会社に依頼する事が良い手段となりえます。受託会社では既存の試験だけではなく、お客様の依頼に合わせて、試験方法などのアドバイスもしてくれます。疲労試験の費用は1品目に付き数万円くらいとなります。依頼の流れとしては、まず電話や、インターネットなどから申し込みをします。次にメールや電話、または訪問して詳細を話し合います。そして試験実施、結果報告となります。

臨機応変に対応してくれる受託会社

受託会社に疲労試験を依頼することで得られるメリットはいくつかあります。そのひとつは、試験段階まで開発が進んでいない物でも相談に乗ってもらえることです。そして部品状態でも対応してもらう事が出来ます。また部品を固定するための治具の制作もしてもらえます。さらに長期間の実験はもちろん、短期の実験でもしっかり検査してもらえます。早急に結果を出したい案件にも複数の器材を使って迅速に対応してもらえます。公共の試験場などでは規定通りの試験しかしませんが、受託会社だと途中で話し合いながら進める事が出来ます。そして予定と違った事態が起こっても、臨機応変に対処してくれます。ただし依頼する時には試験の目的、希望納期、材質や、数量などなるべく詳しい情報を伝える事が大切です。

プリント基板の試作は熟練した技術とノウハウで対応してくれるコチラでおまかせしましょう。特殊な基板でも引き受けてくれますよ。

コールセンターシステム製品の知識がこちらにたくさんありますよ!コスト削減の効果もあるので上手く使いこなしましょう。